プロフィール

どく

Author:どく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

見てくれた方

タンデム中

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿蘇までツーリング

ゴールデンウイークにOTさんとツーリングに行こうと4月に入ってから話が出た。
のんびり考えていたのだが、宿など予約しようにも、どこも空きは無し。

いつもながらバタバタ準備となってしまった。

予約は、担当分をして取る事にした。

行きのフェリーはOTさん

宿と帰りの関西汽船は自分が手配します。

宿については、旅行会社にも聞いたが空いてないとの事、まあ仕方ないよなーって
思いながらネットで宿を検索してみた。

意外にも阿蘇でペンションが空いていた。直ぐに予約 これで宿は手配完了。

行きの 八幡浜→別府はOTさんがスムーズに予約してくれた。

帰りの 別府→松山もネット予約で、まず一席確保。
キャンセルで空きが出ないかネットで確認 2日前にもう一席確保。
これで準備OK。

天気もよさそうだし、よかった。


5月2日
松前で合流して、国道387号で海岸線を走って八幡浜港を目指す。

aso (21)
八幡浜港には予定よりも早く着いて、バイクも一番初めにファリーに載せてもらったので
出航まで余裕たっぷり。八幡浜名物のちゃんぽんを食べる。
野菜も味がよくて美味しかった。



しかーし、ゴールデンウイークのために船は満席。
先に席を確保しておけばよかったのだが、すでに遅し

仕方なく甲板で過ごす事になる。天気が良かったからいいが、雨だったら最悪だった。

別府に13時05分に到着

時間を短縮するために別府→湯布院までは高速を走る。

やまなみハイウェイに入って安全運転で最初の目的地「長者原」を目指す。

aso.jpg
aso (1)
ここは直線の先に阿蘇の火口か見えてやまなみハイウェイの見所の一つです。
記念撮影。

やまなみハイウェイを途中で右へ ミルクロードを走る。
目指すは「大観峰」です。
ここは阿蘇の外輪山から阿蘇山、街が一望できる最高の場所なのです。

aso (2)
バイクが大集合。

aso (3)
赤、青のCB750が、なかなかGood 自己満足^_^;

aso (4)
ここで、すごいバイク発見 「インディアン」 OTさんに教えてもらつた。

aso (5)
パラグライダーの人たちが、のんびり空の散歩を楽しんでました。


aso (7)
今日の宿は、ペンション村内にある 「アリスのシャンピニオン」に到着

aso (8)
CB750もお疲れ様。

せっかく阿蘇という事で、夜は温泉までちょっと出かけた。
aso (6)
温泉の街だから期待して行ったのだが、
お湯はぬるめだし、体を洗おうとカラン、シャワーを開けても水のように冷たい。
場所が悪いのかと思ったが、OTさんも同じだった。

帰りに受付のおばちゃんに言うと、人が多すぎてボイラーが間に合わないとの事。
せっかく楽しみに来たのにがっかり。

なんかすっきりしないまま、宿に帰った。

宿で次の日の計画を立てようと食堂に行くとオーナーが出てきて、黒霧島で一杯。
自分は、飲めないのでお茶で乾杯。


次の日も天気は良かった。

aso (13)
草千里に到着、ここも人で一杯、バイクは歩道において少し散策。
馬にも乗れるし家族連れなど最高の場所です。
aso (14)

aso (9)
阿蘇らしく火山のお土産 硫黄を売っていた。
虫除けになるらしい。
aso (10)
「航空機内には持ち込み禁止」らしい。

阿蘇の火口を見に行きたかったのですが、火口前の有料道路までが大渋滞。
帰りのフェリーもあるので、あきらめてUターン。

途中、カドリードミニオンの知り合いの店に寄って昼食。
「高菜めし」を食べてた。食べやすくて美味しかった。

最後の目的地「はげの湯」温泉を目指します。
気温も上がって、バイク用の服装では、走っていても暑いくらいです。

途中のやまなまハイウェイで白バイ2台とすれ違う。
白バイもツーリングモードだと思う。

順調に走って一時間半ほどで到着。
aso (18)
駐車場の横で、なにやら蒸気が大量に噴出。なんだ?

aso (17)
温泉の蒸気を利用して、玉子や野菜を蒸して自由に調理できるようだ。
調理といっても蒸すだけですが。
aso (19)
温泉に入ってから、自分たちも玉子をもらってチャレンジ。
2個のうち1個は黄味が爆発。

フェリーの時間を気にしながら別府を目指します。

aso (20)
フェリーの乗船手続きも大混雑。
予約で寝台が取れていたので、帰りはのんびり出来ます。

船の中で夕食を食べて、軽く反省会。
阿蘇は、見所が多いから何回も行かないと制覇出来ないと意見が一致。

バイクかって始めての泊まりでのツーリングでした。
ゴールデンウイークをゆっくり楽しむ事が出来ました。

さあ、明日から仕事に戻ります。
お疲れ様でした。
























早明浦ダム までツーリング

昨日の雨が心配だったが29日は見事に晴れていた。

自分、OTさん、RYOさんの3台で早明浦ダムまで、ツーリングなのだ。

20100429.jpg
寒風山トンネルを抜けた道の駅「木の香」道の駅で休憩。 後ろのバイク集団にKeijiさん。

のんびりしていると、バイク集団が到着した。
その中に、CB750青のkeijiさんが居たのだ。

あいしょくドライビングスクールのツーリングとの事。

そういえば、去年は市内の教習所が合同で佐田岬ツーリングがあった。

あれから一年がたつんだ。

20100429 (4)
20100429 (2)
ダムの上から下をのぞいてみる。

20100429 (8)
遠くに見える。「てんぽうだい」と書いてある。

20100429 (9)
ダム建設中の施設跡のようだが、気になって行ってみた。

20100429 (5)
展望からの眺め。なかなかいい。

20100429 (13)
20100429 (14)
展望台は、横に長くてコンクリートで出来ています。

20100429 (11)
20100429 (12)
20100429 (10)
ダム全体が見られます。なかなかの絶景です。

20100429 (7)
途中で3台とも燃料補給。
赤ハヤブサは、ハイオク。

CB750はレギュラー。

20100429 (16)

大豊町の日本一の大杉に行ってみた。初めてみた。
大きさにビックリ。

帰りは、大豊インターから松山まで高速で帰った。

割引効果で1000円。

OTさんはETCを忘れて来たので、通常料金になった。
何ぼかかったのかな?

今回は、自分には珍しく長距離のツーリングだった。
肩こりと、日焼けが痛い。

今日は、お疲れ様でした。



 






愛媛鉄道の遺跡

ちょっと前になりますが、愛媛鉄道の遺跡めぐりをしてきました。
愛媛鉄道は、大正7年に開通した鉄道で大洲と長浜を結んでいました。
昭和の始めに現在のJRに買収されて予讃線となったのですが
一部は新しいルートとなり使われなくなった部分は、道路になったりして
現在も残っているんです。

愛媛鉄道 (10)
こちらは、八多喜髄道です。
鉄道用のトンネルだったので幅は車が一台通れるくらいです。

愛媛鉄道 (5)
歴史を感じさせます。
鉄道が走っていた時は、どんな感じだったのだろうか。

愛媛鉄道 (8)
地元の人たちの生活道路として活躍しています。

愛媛鉄道 (13)
もう1本の髄道があるのですが、こちらは使われていません。

愛媛鉄道 (1)
内部は50mほど行ったところで水溜りで先に進めませんでした。

近代の遺跡めぐりも楽しいですよ。


谷上山のさくら

伊予市の谷上山に登ってみました。ここに来るのは20年ぶりくらいかなー。
さくらを求めて乗用車も多く登って来てます。

P1030243.jpg

帰りは、唐川へ降りて大平経由で帰還しました。

峠たこ焼 内子

暖かい日曜日、思い立ったのは昼過ぎだった。
青のOTさんとちょっと行きますかって事でお出かけです。

ツーリング0228 (1)
内子の峠たこ焼で休憩です。

ここの店は、以前は56号線沿いにあったのですが、新しい内子→大洲にバイパスが
出来たために、この店は旧道に取り残された状態になってしまったのです。

それでも美味しいたこ焼に魅せられた人たちがやってきます。
ここの大将もバイク好きで店の中にはバイク雑誌がギッシリ
常にバイクのビデオ流れるいるのだ。

ツーリング0228
これが峠たこ焼 一個食べたから9個です。
10個で400円

ここから国道197号線で日吉を通って檮原までパトロール。
「雲の上温泉」で温まって帰ってきました。

前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。