プロフィール

どく

Author:どく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

見てくれた方

タンデム中

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿蘇ツーリング

5月3日から4日までの二日間、阿蘇までツーリングして来ました。
天気予報では、午後から雨になるとの事だったので雨が降らないよう祈りながらの出発でした。

三崎港から佐賀関に渡るルートで九州入りする計画です。
出発は、OTさんと朝5時に集合、7時半の三崎発のフェリーに間に合うよう
余裕で出発

ところが三崎港には大量のバイクが、、、、、

5_large.jpg

三崎港から佐賀関に行くフェリーにはバイクは8台までしか載せられないのである。

結局 9時半のフェリーになった。

その後もバイクが続々とやってきて11時半になる人も居た。

時間があるので近くの売店へ

6_large.jpg
三崎町の田村菓子店が作る「黒め塩ぼーろ」を発見!! 早速、購入して時間があるのでみんなで食べる。
サクッとやわらかい食感で塩の粒を時々感じる辛さが絶妙でした。

2時間待ちだったのですがバイクの人と話していると意外とあっという間でした。


佐賀関から高千穂を目指して57号線を走る
途中からついに雨が降りだした。

国道325線の途中で休憩した「トンネルの駅」です。
このトンネルを酒造会社が購入して焼酎の貯蔵倉庫として使っています。
長さは1115メートルもあります。
国鉄が高森から高千穂まで西九州縦貫鉄道として建設が進んでいたのですが
昭和55年に国鉄もなくなり、工事が中止となってしまったそうです。

P1060485.jpg

P1060484.jpg

P1060482.jpg
中は樽が奥のほうまで積まれています。

高千穂目指してGO

9_large.jpg
高千穂峡は観光客の人が大勢で車は駐車場探しに大変そう。
バイクは近くまで進んでいけます。

写真でよく見るボートが浮かんで、滝から水が流れています。
絶景です。


ここから阿蘇まで一気に移動、しかし、雨が本降りになり気分はブルー

黄砂が混ざった雨でバイクは泥だらけで、また気分はブルー


5月4日
朝から晴れ、

11_large.jpg
気分も晴れ晴れユカイ

10_large.jpg
阿蘇の定番 まずは米塚

P1060487.jpg
そして草千里 「大の持ち込み禁止」 犬です。

P1060488.jpg
阿蘇山の火口は、火山ガスが出ている恐れがあるため通行止めとなっていました。

18_large.jpg
大観峰は大混雑!!!

21_large.jpg
大爆音でkawasaki軍団も乱入、CB軍団など旧車も大集合。
知らない人でもバイクの話で盛り上がります。
黄砂で泥だらけのCB750がちょっとかわいそう。

写真はここまで

帰りはミルクロードを東に向かい、久住、産山、竹田を通って臼杵港を目指す。
今回も阿蘇は最高でした。











スポンサーサイト

リベンジ 阿蘇山

6月にOTさんと阿蘇山に行こうと計画していたのだが、大雨で中止となった。
改めて7月連休で行ってきました。

OTさんは18日(日)朝から出発して、自分は、昼から出発となった。

八幡浜からフェリーで別府15時50分に到着

外は、大雨が降った後で、路面はウエット状態。

晴れる予定だったのに残念。

高速で湯布院まで、霧の中を爆走。

やまなみハイウェイも霧と、弱い雨

OTさんと合流するため、宿泊先の「牧内荘」を目指す。

一日目は、阿蘇に到着して終了。



7月19日
天気は、快晴(^_^)v

天気予報では、阿蘇は昼から雨との事

阿蘇山

阿蘇山 (1)

阿蘇山 (2)
OTさんはサイドバッグをつけています。

阿蘇山 (3)
県道298

阿蘇山 (4)
米塚 緑が綺麗

阿蘇山 (5)
阿蘇山の火口を目指して阿蘇町有料道路を走ります。
二輪車は100円です。

阿蘇山 (6)
阿蘇山の上は雲がかかっています。

阿蘇山 (7)
料金払ってGO

阿蘇山 (8)

阿蘇山 (9)
中国、韓国の観光客の方が多く来られています。

阿蘇山 (10)

阿蘇山 (11)
恒例の硫黄を売っているおじさん

阿蘇山 (12)
ヘリで火口を見るサービスもあります。

阿蘇山 (13)
青い空

阿蘇山 (14)


阿蘇山 (15)
草千里 
阿蘇山 (16)

阿蘇山 (17)
地元ライダーに教えてもらった
「グリーンロード南阿蘇」

阿蘇山 (18)
後ろ向きで撮影

阿蘇山 (20)
阿蘇山 (21)
阿蘇山 (22)
阿蘇山 (23)

阿蘇山 (24)
グリーンロードの途中にある休憩所で小休憩


阿蘇山 (25)
57号線から始まるミルクロードを起点から走りました。

阿蘇山 (26)

阿蘇山 (27)
周りは牧場になっています。

阿蘇山 (28)

阿蘇山 (29)
阿蘇山 (30)
阿蘇山 (31)
やまなみハイウェイを過ぎて、そのままミルクロードを走ります。

阿蘇山 (32)
阿蘇山 (33)
阿蘇山 (34)
阿蘇山 (35)
阿蘇山 (36)
大観峰に到着

阿蘇山 (37)

阿蘇山 (38)
大観峰も中国、韓国の方が多かったです。海外からの観光客多いですね。

阿蘇山 (39)
マゼノミステリーロード

阿蘇山 (40)
帰りは、フェリーで佐賀関→三崎へ
ガソリンを満タンにしてツーリング終了

お疲れ様です。









涼を求めて

今日もTOさんと走りに行く事になった。
RYOさんとの待ち合わせ場所で、偶然にもFZ-1のWataさんと会った。久し振りです。

風穴 (8)
上林の風穴へ向かう 途中のそうめん流しを見学。
水が冷たい。
風穴
風穴 (1)

風穴に到着

ここは天然のエアコンで最高ー。涼しーい。

風穴 (2)

風穴 (3)

風穴 (4)
岩の間から白い霧が出てるんです。神秘的。

風穴を後にして、久万高原町を目指す。

途中の中華そばを食べようと寄ったが、人気店なのか大混雑。
40分以上かかるとのことで断念。
風穴 (5)


道の駅美川に向かう。
ここで、レオンと合流
風穴 (6)

この後、黒森峠を通って国道11号、川内インターから伊予インターまで高速道をレオンと爆走。

OTさんと伊予インター手前で合流
風穴 (7)

双海シーサイドに行って、蒸し暑い思いをして本日のツーリング終了

風穴は、近くて涼しい最高の場所です。
車で来ている家族連れも多く居ました。




ガリバートンネル?

梅雨の合間に佐田岬メロディーラインへツーリングGO!!


ガリバー (1)
途中でタンクローリーに遭遇
ステンレスのタンクに自分が写るのがなんかウレシイ。
「毒」が気になるけど。

目的地はガリバートンネル 大峠隧道 
ここはアルプちゃんのブログに載っていたので絶対に行こうと思ってた場所です。

ガリバー (2)
交通検問所で地図を見て場所を確認

ガリバー (3)
狭い山道を登ること10分位でつきまた。
ここが大峠隧道 見た感じは短いトンネル?普通です。

ガリバー (4)
中は途中で小さくなっているのだ!!!

ガリバー (5)
伊方側に抜けたところです。

「自分たちはここを通ったんよ」って
トラックで通った地元の人が話しかけてくれました。

ガリバー (8)
中から外を見たらこんな感じ

ガリバー (6)
外に出てトンネルの歴史についてOT氏が語っていた。

ガリバー (9)
こんな感じの狭い道を登って行きました。
原発のおかげでメロディーラインも整備され
大峠隧道が時代に取り残された感じです。

ガリバー
一気に三崎の「まりーな亭」へ
ちゃんぽん、じゃこ天、じゃこコロッケと南予の味を楽しんで来ました。

お疲れさま。

















下灘駅から佐田岬

天気のいい日曜日、朝から用事を済ませてOTさんと、またまたツーリングに出かけた。

寅さんに出てきた有名な「下灘駅」まで軽く走る。

下灘 (6)

下灘 (7)
映画では、寅さんがベンチでうたた寝しているシーンで始まるのだ。
駅員さんが「列車がきますよ」て起こして夢から覚めるいつものパターン。

駅のホームから国道、海まで綺麗に見えます。
上りの列車が静かに到着です。

下灘 (8)
昔は特急も走っていた線路ですが、内子周りの路線が出来てからは、一時間に1本程度のダイヤです。

ワンマン列車のドアが閉まって出発しそうなときに、駅に向かって駆け足で来る
人が居たので、自分が運転手に手を振って合図をしたら、列車は少し動いた後でしたが
止まってドアを開けてくれました。

運転手さんもやさしい。のんびりした気分がいいです。

下灘
駅の屋根に使われているレール

下灘 (1)
レールの製造年がわかる 1936年 昭和11年

ネットで調べたら、下灘駅が出来たのが昭和10年だったらしい。
レールとして使われて、その後、いつから屋根になっているのだろうか。


下灘 (3)
緑のレオンが佐田岬にいるとの事で、風車の見えるところまでGO

下灘 (5)

帰りは、保内→出石寺→長浜 を通って帰った。

出石寺の山道は、結構楽しかった。








 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。